2006年12月28日

ホワイトカラー・エグゼンプション導入へ本格化へ【労働政策審議会・労働条件分科会】

人気blogランキングへ

12月27日、労働政策審議会厚生労働省の諮問機関)の労働条件分科会ホワイトカラー・エクゼンプションの導入を柱とした報告書をまとめた。今後労働基準法などの改正案などの法案作りに着手し、次期通常国会に提出する意向。

労働政策審議会・労働条件分科会報告書のポイント

労働時間法制(労働基準法改正)

  1. 日本版ホワイトカラー・エクゼンプション制度の新設。週休2日(年間104日)以上の休日確保が義務。年次有給休暇も付与する。
  2. 一般労働者に対し、一定時間を超える残業代の割増率を引き上げる。引き上げ分は有給休暇の付与による代替も可能。
  3. 5日分を上限に、時間単位での年休取得が可能。
  4. 中小企業について企画業務型裁量労働制の対象を拡大。専従でなくとも、主として従事していれば適用。

労働契約法

  1. 原則として就業規則の労働条件が労働契約の内容となる。
  2. 不必要に短期の有期労働契約を反復更新しないよう配慮。
  3. 解雇の金銭解決、整理解雇を認める要件は今後の検討課題として見送り。

※ホワイトカラー・エクゼンプションとは

一部のホワイトカラー労働者から1日8時間、週40時間の労働時間規制を外し、残業代の支払い義務をなくす制度。働き方の多様化や成果主義の浸透を背景に、経済界が導入を要望してのが発端。対象者は「(労働時間や休日の規制が無い)管理監督者の一歩手前に位置する者」を想定し、

  1. 労働時間では成果を適切に評価できない業務に従事
  2. 業務上の重要な権限や責任を相当程度伴う地位
  3. 年収が相当程度高い

などの条件を兼ね備える労働者とした。

ホワイトカラー・エクゼンプションが導入されれば、各社とも就業規則賃金規定を改正する必要が出てきます。当相談室でも対応できるよう準備しておきます。

ご相談は、こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 人気blogランキングへ

 

  

Posted by takatsuki_life at 10:51Comments(1)TrackBack(0)clip!労務管理 | 労働問題

2006年12月24日

京産大 9年ぶりに国立切符!!【ラグビー大学選手権】

人気blogランキングへ

私の母校京都産業大学が9年ぶり7度目の準決勝進出を劇的に決めた。2点を追う後半ロスタイムにWTB徐忠植(3年)が逆転PGを決め、その直後にもフッカー小西賢一主将(4年)がダメ押しトライを奪って法政大学を突き放し、36対28で下した。日本代表WTB大畑大介神戸製鋼)を擁した97年度以来の「国立切符」を手にした。大西健監督は「本当によくやってくれました。国立へ行きたいという気持ちが、法政の才能を上回った」と感激していた。

前田、吉田明、広瀬、大畑、山岡と、いい選手が続いていたがここ数年キーマンになる選手が途絶えていた。昨年から外国人と吉田明がコーチに就任し、成果が現れてきたようだ。次は優勝候補の筆頭早稲田大学と対戦。勝敗はともかく、いい試合を期待したい。

 人気blogランキングへ←クリックのご協力をお願いします!!

  
Posted by takatsuki_life at 16:59Comments(0)TrackBack(0)clip!ちょっと一息 

2006年12月15日

教育基本法遂に改正 ひとつの「戦後」が終了!

人気blogランキングへ

12月15日、国会の決議により保守派の念願だった教育基本法が59年ぶりに改正された。従来の教育基本法は敗戦後GHQが「米国の、米国による、米国の為の日本」を作り上げる為、憲法と並んで日本人に押し付けたものだ。決して戦前の教育勅語が非民主主義的でも、国家主義的なものでもなかった。

さて、私は従来の教育基本法まっさかりの昭和50年前後、公立学校で教育を受けたがひどいものだった。音楽の授業では教科書にも載っていない「北朝鮮の歌」「北ベトナムの歌」「労働運動の歌」などを強制的に歌わされ、社会の授業では、「天皇不用論」「戦前日本暗黒論」「NHK受信料不払い正当論」「歪曲歴史洗脳教育」「金持ち・金儲け悪徳論」などを徹底して叩き込まれた。また、受験の際には教師の指定する高校の受験を強制されたりもした。反論などしようもの、放課後遅くまで「思想改造」するまで帰宅させてもらえず、とにかくろくな思い出がない。こんな共産主義教育を受けさせるのがイヤなので、私の子どもは私立中学に通っているが、私立中学でさえ反日思想教育は完全に払拭されていないようだ。

教育基本法の改正により「ひとつの戦後」が終わった。これを機会に改正教育基本法16条を駆使して「反日教師」「不適格教師」など特定の政治団体に支配された教師を教育指導現場から追い出し正常な学校に戻してもらいたい。教育指導要領教科書検定基準男女共同参画社会基本法も変えることも当然必要だ。さあ、あとは「日本の、日本による、日本の為の世界に貢献する憲法」を創造しよう。

blog Ranking

←クリックのご協力をお願いします!!!

  
Posted by takatsuki_life at 20:25Comments(1)TrackBack(0)clip!ちょっと一息 

2006年12月11日

社会保険庁による年金額の訂正が2005年度に3万3,925件

人気blogランキングへ

11月24日、年金加入記録の漏れが見つかったことなどが原因でなされた年金受給者の年金額や加入期間の訂正が、2005年度に3万3,925件あったことが
社会保険庁の調査でわかった。年金額を確定する受給手続時のチェックでミスが生じていたことになるが、未払いと過払いそれぞれの件数は明らかにされていない。

 人気blogランキングへ←クリックのご協力をお願いします!!!

 

  
Posted by takatsuki_life at 20:12Comments(0)TrackBack(0)clip!社会保険 

2006年12月10日

36万人以上が年金記録の再調査を請求

人気blogランキングへ

11月23日、社会保険庁が2004年3月から開始した年金記録の通知制度(58歳時点で加入記録を本人に通知)で、加入期間が異なるなどとして、今年9月末
までに36万6,544人が再調査を請求したことがわかった。本人の届出ミスによるものもあるが、多くは同庁による手続きのミスが原因とみられる。

人気blogランキングへ←クリックのご協力をお願いします!!

 

  
Posted by takatsuki_life at 21:36Comments(0)TrackBack(0)clip!社会保険 

医療費減額の通知漏れ 1万8千件以上の可能性

人気blogランキングへ

11月23日、社会保険庁は、政管健保で、医療機関が請求した医療費について審査支払機関が査定を行い、患者が自己負担で1万円以上を払いすぎていた
場合になされる医療費減額の通知漏れがあったことを発表した。患者は通知をもとに医療機関に過払い分の請求を行うが、2003年度から2005年度にかけて全国で1万8,000件以上の通知漏れがあった可能性があるとしている。

人気blogランキングへ←クリックのご協力をお願いします!!

 

  
Posted by takatsuki_life at 11:34Comments(0)TrackBack(0)clip!社会保険 

2006年12月09日

映画「硫黄島からの手紙」を観てきました!

人気blogランキングへ

10月に公開された「父親たちの星条旗」に続き12月9日から公開の「硫黄島からの手紙」を観てきた。いずれもクリント・イーストウッドが監督を務めた話題作。硫黄島は東京都小笠原諸島の中のひとつの島で文字通り硫黄が吹き出てくる草木の少ない島。現在自衛隊の基地があり、民間人は住んでいない。その島で今から61年前の大東亜戦争末期、栗林忠道中将新藤義孝衆議院議員の祖父)率いる日本軍は、大挙押し寄せてきた米軍に対し、武器、弾薬、食料の補給もなく、雨水をすすりながら奮戦、多大な損害を与え最期に玉砕した。この戦闘で米軍が将兵に与えた勲章の多さ、ワシントン・アーリントン墓地にある「硫黄島の星条旗」のレプリカなど、米軍にとっても激しく、価値のある戦闘だったことを物語っている。だからこそ、今日映画になっているのだろう。

さて、現在の硫黄島の風景と洞窟の発掘から物語は始まる。鎮魂碑の場面には岸信介の名が刻まれていた。この映画、栗林中将(渡辺謙)だけが脚光をあびているが、実は臆病者の一兵卒西郷(二宮和也)の視点から描かれている。西郷は穴掘りで愚痴をこぼし、射撃は下手、部隊全員が自決する際は死に切れず、投降まで試みる劣等兵だが最後は運良く捕虜になり生き残る。潔い伊藤大尉(中村獅童)は部下を道連れに万歳突撃を案ずるが、西竹一中佐(伊原剛志)に咎められ単身で米軍に向かうが敵が現れず、結局捕虜になる。

「硫黄島からの手紙」ではアメリカ兵が日本人捕虜を射殺する場面、逆に日本兵がアメリカ人捕虜を手当する場面がでてくるなど、従来のアメリカ映画では考えられないぐらい日本(日本人鑑賞者)の視点に立って作られている。ハリウッド映画も日本市場を無視出来ないのだろうか。いや、クリント・イーストウッドの思想的背景があるのかも。

いずれにせよ、日本を主題としたハリウッド映画としては非常にいい内容だった。当時の日本人がどのような思いで戦ったか、現在の日本人が失いかけている日本人本来の心などがよく描写されている。小中学生にも是非観て貰いたい。ハリウッドに感謝する。

尚、この映画を見るに際し、日米双方の英霊に対し黙祷の念を捧げることを忘れてはなるまい。

 人気blogランキングへ←クリックのご協力をお願いします!

  
Posted by takatsuki_life at 21:06Comments(13)TrackBack(2)clip!ちょっと一息 

厚生労働省が新労働ルール案を労働政策審議会労働条件分科会に提出

人気blogランキングへ

生労働省は8日、高収入の事務職サラリーマンらを1日8時間の労働時間規制から除外する制度の導入を柱とする新しい労働ルールの最終報告書案、を労働政策審議会労働条件分科会(分科会長=西村健一郎・京大大学院教授)に提出した。

 分科会は年内にも最終報告をまとめ、政府は来年の通常国会に関連法案を提出する予定だ。

 工場労働者らを想定して作られた現行の労働基準法は、1日8時間、週40時間を法定労働時間と定め、これを超える労働は残業となる。新たな「自由度の高い労働時間制」では、規制から除外された労働者は、自らの判断で1日の労働時間を調整できるため、働き方が大きく変わる。

 人気blogランキングへ←クリックのご協力をお願いします!

 

  
Posted by takatsuki_life at 09:50Comments(0)TrackBack(0)clip!労働問題 | 労務管理

社会保険庁の抜本的再編 3分割の方針

人気blogランキングへ

11月23日政府・与党は、社会保険庁を解体して3分割する方針を固めた。保険料未納者等に対する強制徴収部門は国に残し、保険料の納付記録管理など一部の業務は非公務員型の公法人に移管、その他通常の保険料徴収などの業務を民間に委託する。

人気blogランキングへ←クリックのご協力をお願いします!!!

 

  
Posted by takatsuki_life at 09:15Comments(0)TrackBack(0)clip!社会保険 

2006年12月08日

出生数が8ヵ月ぶりに減少

人気blogランキングへ

11月22日、厚生労働省が「人口動態統計速報」を発表。9月の出生数が9万4,926人(前年同期比4人減)となり、7カ月連続で増加していた出生数が減少したことがわかった。1〜9月までの出生数の合計は2005年を1万7,000人程度
上回っており、通年では前年を上回る見通し。

人気blogランキングへ←クリックのご協力をお願いします!!

 

  
Posted by takatsuki_life at 20:14Comments(0)TrackBack(0)clip!ちょっと一息 

2006年12月07日

114カ所のハローワークで労働者派遣法違反

人気blogランキングへ

11月18日、厚生労働省は、30都道府県114ヵ所のハローワーク独立行政法人雇用・能力開発機構財団法人高年齢雇用開発協会などの職員に求人相談の受付やシステム入力などの業務をさせていたことを発表。ハローワークと他団体職員との間には雇用関係がなく労働者派遣法に違反するとして、同省は、業務を行わないよう是正させるとともに、関係者を処分する方針。

人気blogランキングへ←クリックのご協力をお願いします!!!

 

  
Posted by takatsuki_life at 18:32Comments(0)TrackBack(0)clip!労働保険 | 労働問題

2006年12月01日

都市再生機構 賃貸借契約書に暴力団廃除条項!【今後の契約書の参考に】

人気blogランキングへ

都市再生機構(UR、旧住宅公団)は、来年1月4日から
賃貸住宅の入居資格と契約条項に「暴力団員排除」の条項
を加え、暴力団追放運動に積極的に参画すると発表しました。

入居資格を「申込本人を含めた同居世帯の全員が、暴力団
員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力
団員でないこと」と定めるとともに、賃貸借契約書には、
世帯員又は同居者が暴力団員であると判明したときは無催
告で解除できる旨を記載する。賃貸借契約書に同種の条項
を盛り込もうと考えている貸主の方は、こうした文言を参考に
されることをお薦めします。

ご相談は、こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 人気blogランキングへ

 

  
Posted by takatsuki_life at 20:53Comments(0)TrackBack(0)clip!各種契約書