2007年10月20日

最近の労働事情2題

人気blogランキングへ 

◆バイト時給、48カ月連続で対前年増加率プラス

8月期における164職種のアルバイト平均時給が976円(前月974円、前年同月956円)で、前月に比べ2円増となりました。人材総合サービスを行っている株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区丸の内)が、運営する仕事情報誌「an」に掲載された求人広告から平均時給を分析して明らかにしたものです。

対前年増加率は、20039月から48カ月連続でプラスとなっています。

景気は回復傾向にありますが、企業では、人手不足の解消に際し、正規労働者よりもアルバイト・パートの採用を行うことが多いようです。そのため、各社の採用意欲は高い状態にあり、今後もアルバイト・パートの平均時給は高い水準で推移すると考えられています。

 

◆サービス残業の是正指導が過去最多

厚生労働省によると、サービス残業で労働基準監督署から是正指導を受け、2006年度に未払い残業代を100万円以上支払った企業が、前年度比約1割増しの1,679社にのぼることがわかりました。これは、調査開始以降、過去最多となります。未払い残業代の総額は約2271,400万円で、前年度より約5億8,000万円減っています。

労働時間の管理がずさんな企業が、依然として多くみられるようです。正規労働者の数は削減傾向にありますが、景気回復で仕事は増える一方。これでは、残業代くらいはきっちり払ってもらわないと割が合わないと考える人が増えているということでしょうか。

指導企業数の増加について、厚生労働省では、労働者の中で残業代はきっちりと支払ってもらうという権利意識が向上し、監督署に申立てをする人が増えたのも原因の1つであるとみています。

 人気blogランキングへ



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takatsuki_life/50995856