2007年06月24日

外国人研修・技術実習制度をめぐるトラブル

人気blogランキングへ 

◆制度の概要は?

発展途上国への技術移転を本来の目的として、日本企業が外国人を一定期間受け入れる制度があります。日本における研修生の受け入れは、多くの日本企業が海外に進出するようになった1960年代後半から実施されており、1990年には従来の研修制度を改正し、より幅広い分野における研修生の受け入れが可能となりました。

具体的には、1年間の研修期間と、2年間の技能実習の2段階があり、最長で3年間働きながら学ぶことができます。

2006年に来日した外国人は9万人を超えており、そのうち、8割超は中国人だそうです。

 

◆多発するトラブルと国の対応

1年目の研修中は雇用契約がないため、労働諸法令が適用されず、企業が最低賃金を下回る金額で働かせるなどといったトラブルが多発しているようです。

政府は、今後、実習指導員の配置や帰国前の技能評価を義務付けるほか、1年目の研修生についても労働法令の適用対象としていく見込みです。また、研修期間を廃止し、雇用契約を当初からの3年とすることも検討しており、不正行為をした企業への罰則も強化し、外国人の新規受け入れ停止期間を3年から5年に延ばすとしています。

ご相談は、こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 人気blogランキングへ

 

  

Posted by takatsuki_life at 09:34Comments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月31日

外国人研修・技能実習制度「悪用」企業の罰則強化

10月18日厚生労働省は、製造現場などで過酷な長時間労働を課すなど、外国人の研修・技能実習制度のルールを遵守しない企業に対して、罰則を強化する方針を示した。不正行為が発覚した場合、現在は3年となっている研修生等の受け入れ停止期間を5年に引き上げる。年内にも有識者等の意見を集約して見直し案を示す。

ご相談は、こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。

blog Ranking

 

  
Posted by takatsuki_life at 21:29Comments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月15日

外国人技術者・研究者の在留期間を3年から5年に延長

政府は、外国人のIT関連技術者や研究者の在留期間を、11月から5年
に延長(従来は3年)することを決めた。世界的にニーズが高まっている
高度な技術や専門知識を有する技術者や研究者を確保するのが狙い。
政府は、2003年度から構造改革特区において在留期間の延長を特例措置と
して実施していたが、今回の措置はこの対象を全国に拡大するもの。

blog Ranking←クリックのご協力をお願いします!!!
 

  
Posted by takatsuki_life at 08:58Comments(0)TrackBack(0)clip!